泰山堂だより

米・麺類

豆ごはん

2009/06/22 [ Recipe, 米・麺類 ]

r-090606-02

炊きたてのご飯に、グリーンピースの緑が映えた豆ごはん。お米とグリーンピース、塩をほんの少々だけのシンプルな材料が、旬のおいしさを味わうには何より。ほのかに塩味を利かせたご飯に、豆の甘味が引き立ちます。グリーンピースは、彩りよく茹でて用意しておき、炊きあがったご飯に混ぜ込むと、あざやかな色合いを生かすことができます。えんどう豆や枝豆など、新鮮な初夏の味がうれしい季節。お好みでほかの素材でも試してみてください。

材 料

(2人分)

  • 米 2合
  • グリーンピース 200g

手 順

豆ごはん手順1

(1)
米はざっと研ぎ、ぬかの香りが移らないよう、素早く水を替えます。3、4回水を替えて研いだら、30分程ザルに上げておきます。

豆ごはん手順2

(2)
グリーンピースは、さやの平らな側を開き、さやと実をつなぐ部分が残らないように実を外します。

豆ごはん手順3

(3)
氷を用意しておきます。鍋に豆がひたる程度の湯を沸かし、沸騰したらグリーンピースを入れて、柔らかくなるまで3分ほど茹でます。氷水を入れたボールに、豆を鍋ごと入れて、冷まします。豆が湯に浸った状態で冷ますと、皮がしわになりません。

豆ごはん手順4

(4)
鍋に、米と同量の水、塩小さじ1/2杯を入れてふたをして強火にかけます。沸騰して鍋のふたがカタカタとなったら、1分ほどそのまま強火を保ち、ごくごく弱火にして15分炊いて、火を止めます。

豆ごはん手順5

(5)
10分くらい蒸らし、グリーンピースの水気を切って加え、さっくりと混ぜて出来上がりです。

使用した器

桜花飯碗

PRICE:
2,940円(税140円)

直径16×高さ3.5㎝

筍ごはん

2009/05/16 [ Recipe, 米・麺類 ]

筍ごはん

筍がならぶ時期になると、かならず一度は食べたくなるのが筍ごはん。旬の香りを炊き込んだ、季節のごちそうです。もち米を加えたもっちりしたご飯に、筍の小気味よい食感がよく合います。青みには、田ぜりをのせてみましたが、もちろん木の芽でも。筍は小さく刻むので、煮物などに使った残りの、下の方の比較的硬い部分をおいしく食べきるのにもぴったりです。筍を自分で茹でるのも意外と簡単。「筍とふきの炊き合わせ」のレシピで、茹で方を紹介しているので、試してみてください。
具とだし汁に調味料が入るので、白いご飯と同じように炊くと焦げやすいようです。下の手順を参考に、様子を見ながら、家のレンジと相性の良い火かげん・時間を探してみてくださいね。

材 料

(2、3人分)

  • 米 1合
  • もち米 0.5合
  • 筍(茹でたもの) 100g
  • 揚げ 1/2枚
  • かつおと昆布のだし 250cc
  • みりん
  • うす口しょうゆ

手 順

筍ごはん手順1

(1)
米ともち米を合わせて研ぎます。水がほぼにごらなくなるくらいまで4、5回水を変えて研いだら、30分以上ザルに上げておきます。

筍ごはん手順2

(2)
筍は、5ミリ角に刻みます。

筍ごはん手順3

(3)
揚げは、ザルにのせて熱湯を回しかけて油抜きをし、5ミリ角に刻みます。

筍ごはん手順4

(4)
鍋に、米と具、だしを入れ、酒大さじ1杯、みりん小さじ1杯、塩小さじ1/2杯、うす口しょうゆ小さじ1杯を入れて強火にかけます。沸騰したら、1分くらいそのまま強火にかけ、ふたをします。ごくごく弱火にして13分炊き、火を止めます。10分くらい蒸らして、さっくりと混ぜて出来上がりです。器に盛り付け、青みを添えます。

使用した器

花唐草うさぎ六角中鉢

PRICE:
3,780円(税180円)

直径16×高さ3.5cm

pagetop